ヒビキ(ピアノ)の年齢や名前(本名)などプロフ!経歴や大学・高校はどこ?

スポンサーリンク

YouTubeで話題のピアニスト・ヒビキさんをご存知でしょうか。

美しい音色とビックリするような速弾きを持ち味に、都庁や駅にある「ストリートピアノ」を中心に、名曲クラシックから今話題のヒット曲まで幅広く披露し、人々の心を鷲づかみしているんです。

 

今回はそんなヒビキさんの年齢、名前(本名)などプロフ情報

経歴や出身大学・高校について気になったので調べてみました!

 

それでは早速見ていきましょう^^

スポンサーリンク

ヒビキ(ピアノ)の年齢や名前(本名)などプロフィール!

ヒビキ(ピアノ)のプロフィール情報!
・名前:ヒビキ

・本名:高根澤輝(たかねざわあきら)

・生年月日:9月1日

・年齢: 29歳くらい

・出身:栃木県足利市

ヒビキ(ピアノ)の本名について!

ヒビキさんの本名は、高根澤輝(たかねざわあきら)さんです。

 

過去に開催された本名名義のリサイタルの写真と、

ヒビキ名義で参加したコンサートのプロフィール写真が同じなので、間違いないでしょう。

 

名前の「輝」という名の通り、ピアノ系YouTuberとしても唯一無二の個性を持って輝かれていますよね~^^

 

 

本名ではなく「ヒビキ」という芸名にした理由は定かではありませんが、どちらの名前でも実績を残し

大勢の人々の胸に響く音楽を届けていることが本当にすごいです!

ヒビキ(ピアノ)の年齢や誕生日について!

ヒビキさんの誕生日は、9月1日です。

年齢については話したくないようでTwitterではこんなことも…

爆速ピアノを超える「光の速さでブロック」を宣言!

2012年に本名で参加したコンサートでは「大学3年」と表記されていたので

2021年5月時点で29歳くらいかな?と推測できますが…

 

いつまでもヒビキさんの活動を見ていたいので、この辺で止めておきましょう!><;

 

ヒビキ(ピアノ)の出身地は、栃木県足利市出身です。

足利市と言えば、室町時代に栄えた足利尊氏の宅跡や足利学校などで知られる歴史ある都市。

最近では、相田みつをさんの出身地としても知られています。

 

ヒビキさんもこの調子で活動して、歴史に名を残すような素晴らしいピアニストになってほしいなぁ~☆

スポンサーリンク

ヒビキ(ピアノ)の経歴について!

ヒビキさんがピアノを始めたのは6歳の時。

母親から「絶対音感がある!」と言われピアノ教室でクラシックを習い始めたそうです。

 

しかし、“もっと自由に弾きたい”と感じ、高校では音楽部で弦楽器全般と作曲、編曲などを担当し、クラシックとは違う新たな世界にチャレンジしました。

 

高校卒業後は音大に進学。

国内外で演奏技術などを学び、大学院在学中に陸上自衛隊中央音楽隊のピアノ奏者に応募したところ、たった1名という狭き門にもかかわらず、見事合格しちゃったんです!

2年半の活動期間中、ヒビキさんは東京芸術劇場や日本武道館といった大舞台や、国家的行事などで演奏を披露する傍ら、幹部ピアノ教育指導者等としても幅広く活躍されました。

 

この時に多くのヒットソングをカヴァーしてきたことも、現在の幅広い活動に繋がっているそうです。

 

 

自衛隊退職後は、ソロ活動をスタート。

その一環としてYouTubeで動画投稿を始めたところ都庁ピアノの存在を知り、ヒビキさんも挑戦することに!

 

とはいえ多くの有名ピアニストが演奏する都庁ピアノで、自分の音を聞いてもらうためにはどうすればいいか…と考えた末、行き着いたのが爆速ピアノだったそうです。

 

 

実はヒビキさん、緊張すると演奏テンポが速くなってしまうという悪癖があり、それを生かして初っ端から全速力で弾いてしまおう!となったのだとか。

これが功を奏し、ヒビキさんは知名度を一気に高めることになりました。

 

ベートーヴェンの名曲「情熱第3楽章」やアニメ「鬼滅の刃」メドレーなど、速さはもちろん、力強くてクリアな音色が気持ちよく、終始聞き入っちゃうんですよね~♪

現在はストリートピアノ動画の投稿やライブ配信をしながら、コンサート活動も積極的に展開しており、2021年4月28日にはアルバム「FEEL」と「HEAL」もリリースされました。

現在はカヴァー曲メインのようですが、いつかオリジナル曲もしっかり聞いてみたいなぁと感じます(*^^*)

スポンサーリンク

ヒビキ(ピアノ)の大学や高校について!

素晴らしい経歴をお持ちのヒビキさんですが、出身高校は足利高校という普通科の男子校であることが判明しました。

普通科だったのも意外だし、男子校っていまどき珍しい気がするのは私だけでしょうか?!

 

気心知れた仲間同士で楽しそうなイメージがありますが、自身を“陰キャ”だというヒビキさんがどんな高校生だったか気になるところ。

いつか動画でもっとご自身について語ってくれたら嬉しいですね^^

 

足利高校は偏差値が57の進学校だったこともあり、漠然と大学進学を考えていたようです。

しかし、母親から「やりたいことがないのに大学進学するのはダメ」と言われ、考え抜いた末

ヒビキさんは音楽の道を志して、洗足学園音楽大学ジャズ科に入学しました。

 

クラシックではないピアノを弾けると言われジャズ科に入ったヒビキさんですが、ジャズ好きばかりが集まる環境になじめず、クラシックの世界に再び惹き込まれるように…。

そこからピアノ科に転科し、副科としてジャズを続けながら大学を卒業したそうです。

 

 

大学時代は大きな方向転換もありましたが、数々のコンクールで入賞し、音楽の本場・フランスへの短期留学も果たされるなど、プロへの道をひたすら究められていのでしょうね。

 

その後、洗足学園音楽大学大学院に進学しましたが、在学中に陸上自衛隊中央音楽隊の専属ピアニストに抜擢され、その後修士号を取ったかなどは不明です。

大学とバイトを両立するだけでも大変なのに、大学院に行きながら自衛隊活動するなんて想像がつかないですけど、私だったらハードすぎて頭真っ白になっちゃう…><;

 

いずれにせよ、今のヒビキさんを見ていると、長年にわたる努力や経験が素晴らしすぎて、学歴以前にピアニストとして、人として本当に尊敬しちゃいます!

スポンサーリンク

まとめ

今回は、ピアノ系YouTuber・ヒビキさんの年齢、名前(本名)などのプロフ、経歴や出身大学、高校などについて調べてみました。

元自衛隊専属ピアニストという異色の経歴からYouTubeに進出し、「爆速ピアノ」をはじめ個性的なメロディで多くの人々を美しいピアノの世界へといざなうヒビキさん。

 

これからも素敵な音楽を届け続けていただきたいですね。

最後までお読みいただき、ありがとうございました♪

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です