■歴史資料館■平成30年度 展覧会などの行事一覧です

新着情報

■歴史資料館■平成30年度 展覧会などの行事一覧です

展 覧 会 名 会  期 内    容
収蔵品展「LOCAL STUDIES~郷土を愛した人が残したもの~」 4/21~6/24(56日間) 郷土を愛した人が残した書籍や写真、郷土玩具や民芸品を中心に、脈々と受け継がれてきた暮らしやふるさとを想う気持ちについて展示・紹介します。
第75回企画展「たかまつ今昔-創造都市高松の原点を探る-」 7/14~9/2(43日間) 郷土が全国に誇れる歴史や文化のトピックについて、ものしり事典風に展示・紹介します。
第76企画展「石清尾山古墳群 稲荷山支群の調査成果展」(仮称) 9/22~11/11(44日間)  平成25年度から調査を進めてきた成果、その成果を踏まえた石清尾山古墳群全体の概要とその価値について展示・紹介します。
収蔵品展「イメージの形成と拡散-メディアとしての錦絵・刷物-」(仮称) 2/2~3/24(44日間) 錦絵や刷物によるイメージの形成と拡散という観点から、イメージがもたらす力について展示・紹介します。

その他展覧会の開催 

歴史資料館エントランスホールを利用したロビー展を随時開催し、収蔵資料の展示・公開に努めています。

瓦町FLAG内の市民交流プラザIKODE瓦町イベント展示コーナーを利用した展示「讃岐の方言を料理(デザイン)する-藤本誠/讃岐弁グラフィックデザイン展-」を行いました。(5/15/16