施設概要 | 香南歴史民俗郷土館

施設概要 | 香南歴史民俗郷土館

『古きをたずねて新しきを知る』
その昔は南北朝時代(1300年代)のこと京都から讃岐に渡ってきた由佐秀助という武将がおりました。
足利尊氏に属して功績をあげ、この地を賜りここに由佐城を築城しました。
この郷土館は、その居城跡に城の土塁といわれるものなど、古い屋敷の一部を大切に活かして庭を造り、城をかたどって創られた資料館です。
玄関ロビーには香川県の有形民俗文化財にも指定されている「冠纓神社の大獅子(雌獅子)」が皆様をお出迎えしてくれます。
館内には、昔の稲作道具や生活道具を展示する民俗展示室、香南町の古代~現代までの歴史を展示する歴史展示室、お城の庭園を眺めながらゆったりと読書が出来る図書室、講演会や講座にも大活躍する第一研修室(洋室)、月一で由佐城月釜茶会などお茶会も開催される第二研修室(和室)などの設備があります。