菊池寛記念館第24回文学展「没後99年 夏目漱石―漱石山房の日々」

新着情報

菊池寛記念館第24回文学展「没後99年 夏目漱石―漱石山房の日々」

菊池寛記念館第24回文学展「没後99年 夏目漱石―漱石山房の日々」

第24回文学展チラシ(表)
夏目漱石は40歳の時に教職から職業作家に転身し、間もなく終の棲家となる早稲田南町に転居しました。「三四郎」「こころ」「明暗」などの数多くの名作を生んだその家の書斎は〈漱石山房〉と呼ばれ、漱石を慕う若い文学者の集いの場ともなりました。
本展では、2016年に夏目漱石が没後100年を迎えるのにさきがけ、数々の名作が執筆され、後進が集った〈漱石山房〉に注目し、愛用品や書画、原稿、書籍、書簡などの関連する貴重な資料を展示します。
また、菊池寛と漱石との関係、寛が感じた漱石の人となりについても紹介します。

【主催】高松市・菊池寛顕彰会
【主管】菊池寛記念館文学展実行委員会
【後援】㈱文藝春秋・NHK高松放送局・四国新聞社・KSB瀬戸内海放送・RNC西日本放送
【協力】公益財団法人 日本近代文学館・県立神奈川近代文学館・公益財団法人 神奈川文学振興会・姫路文学館・北九州市立文学館

お問い合わせ先:菊池寛記念館(087-861-4502)

第24回文学展チラシ(裏)


◇ 会  期 平成27年8月29日(土)~10月4日(日)


◇ 場  所 サンクリスタル高松4階 企画展示室(高松市昭和町一丁目2-20)


◇ 時  間 9時~17時
        ※ 入館は16時30分まで
        ※ 初日は9時30分より開展式を行います


◇ 休館日 毎週月曜日
        ※ ただし、9月21日(月)は開館、9月24日(木)休館


◇ 入場料 一般200円、大学生150円
        ※ 団体20人以上は2割引
        ※ 高校生以下、65歳以上、身体障害者手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳の所持者は無料


会期中、さまざまなイベントを開催予定です。是非、ご参加ください。

● 8月29日(土)開展式「オープニングセレモニー」
場所:サンクリスタル高松4階 企画展示室前
時間:9時30分~
○市長・名誉館長あいさつ、テープカット、ギャラリートーク
○観覧希望者は直接会場へ

● 8月29日(土)特別講演会①『坊っちゃん』と『こころ』
講師:平岡敏夫氏(筑波大学・群馬県立女子大学名誉教授)
場所:サンクリスタル高松3階 視聴覚ホール
時間:14時~15時30分
○入場無料
○先着200名まで 希望者は直接会場へ

● 9月5日(土)~13日(日)古本まつり
場所:サンクリスタル高松3階 菊池寛記念館 常設展示室
時間:9時~17時(入館は16時30分まで)
○入館料が必要です
○御入館いただいた方に古本5冊まで提供(数に限りがあります)

● 9月6日(日)夏目漱石作品朗読会「坊っちゃん」
出演:NHK高松放送局アナウンサー・キャスター
場所:サンクリスタル高松3階 視聴覚ホール
時間:14時~15時
○入場無料
○先着200名まで 希望者は直接会場へ

● 9月12日(土)特別講座 菊池寛の世界―その周辺の作家たち
講師:大西良生氏(菊池寛研究家)
場所:サンクリスタル高松3階 視聴覚ホール
時間:13時30分~15時
○入場無料
○先着200名まで 希望者は直接会場へ

● 9月20日(日)アニメ上映会「坊っちゃん」
場所:サンクリスタル高松3階 視聴覚ホール
時間:14時~15時
○入場無料
○先着200名まで 希望者は直接会場へ

● 9月23日(水・祝)特別講演会②漱石『行人』と『こころ』の意義―芥川の存在に触れて―
講師:細川正義氏(関西学院大学教授)
場所:サンクリスタル高松3階 視聴覚ホール
時間:13時30分~15時
○入場無料
○先着200名まで 希望者は直接会場へ

● 9月27日(日)特別講演会③原作をこえる感動―映像化された「それから」と「門」
講師:十河進氏(映画コラムニスト)
場所:サンクリスタル高松3階 視聴覚ホール
時間:13時30分~15時
○入場無料
○先着200名まで 希望者は直接会場へ

【同時開催】原稿で読む『こころ』
場所:サンクリスタル高松4階 ロビー
時間:9時~17時
○入場無料

夏目漱石グッズの販売
企画展示室受付にて、原稿用紙など夏目漱石グッズを販売します。数に限りがありますので、お早めにお買い求めください。

菊池寛記念館
↑菊池寛記念館公式ホームページはこちら