施設概要 | 石の民俗資料館

施設概要 | 石の民俗資料館

 

park 平成7年3月20日に開館した石の民俗資料館は、世界的銘石“庵治石”の産地であり、世界最高レベルの石材加工技術を持つ町、牟礼町の高松城築城以来、約400年にわたって石工達が築きあげた知恵と技術を後世に継承することをメインテーマとしています。

当館では石工達の知恵と技術、優れた技能に手で触れることができます。

館内では、大正末期から昭和初期にかけて牟礼町で行われていた、手作業での石の切り出し、運搬、加工のそれぞれの風景を、等身大の人形と実物資料を使ったジオラマでリアルに再現しています。

各工程で使用していた石工用具は花崗岩の石工技術を示す典型であり、また、地域の特色を示すものとして、平成8年12月20日に、「牟礼・庵治の石工用具」791点が石材に関する物件では我が国初の国の重要有形民俗文化財に指定されています。

jousetu1 jousetu2 jousetu3
常設展示室

その他、企画展示室やエントランスホールにおいて、様々なイベントを開催し、年間を通じてお楽しみいただけます。

kikaku av shop
企画展示室 AVライブラリー ミュージアムショップ

また、屋外にはゆったりとすごせる芝生広場を中心に、子どもたちにも元気に遊んでもらえる設備も充実しています。

休日にはご家族でぜひお越しください。

siba2 siba  tenbo
  芝生広場 展望台(平成7年に香川新50景に選定される)

 

 屋外ミュージアム展示作品一覧
1
無題
山崎康(京都府)
 2

陽環
脇本浩志(石川県)

 3

ORIGIN
堤一彦(神奈川県)

 4

地表より-消えた森
井上麦(山梨県)

 5

SeaⅡ
岩崎順一(東京都)

 6

THE STER MAN
ミロスラブ・メイラー(アメリカ)

 

 7

Table du Repos
アンドレ・ラブー(スイス)

 8

立て横
中島万須夫(長野県)

 9

波のイメージ
高橋清(東京都)

 10


楊英風(台湾)

 11

四次元の空間’94
豊田豊(ブラジル)

 12

時空・21
石井厚生(東京都)

 13

旅人の碑
小林陸一郎(大阪府)

 14

セレナード
中岡慎太郎(千葉県)

 15

TORO JAVALi
ペドロ・ラモス(ポルトガル)

 16

黙示の夏(王と后)
山本明良(東京都)

 17

SACRED ROOM
ピエール・セカリ(フランス)

 18

BLOWING WIND
江藤薫(京都府)

 19

響き
吉本豊(大阪府)

 20

Reversing Stone
菊地満雄(栃木県)