共催展「石の旅路-小豆島から上方へ江戸へ-」の御案内

新着情報

共催展「石の旅路-小豆島から上方へ江戸へ-」の御案内

 

 石の民俗資料館では、徳島文理大学との共催展「石の旅路-小豆島から上方へ江戸へ-」を開催します。
徳島文理大学文学部文化財学科は、平成25年度から香川県小豆島内に所在する石の歴史と文化に関わる資料の調査・研究を進めています。本展は、平成27年度に行われた共催展「残された石の声―石がつなぐ小豆島と大坂城―」の続編として開催し、大坂城築城後、江戸時代から明治時代にかけて、小豆島の石が神戸・大坂・京都・東京で流通していたことを物語る古文書をもとに、調査研究した成果を紹介します。
ぜひ、この機会に御覧ください。
なお、期間中の土曜日と日曜日には学生による展示資料の解説を行います。
期  間平成30年2月17日(土)~3月18日(日) bunriomote
時  間午前9時~午後5時まで(展示室への入室は午後4時30分まで)
場  所高松市石の民俗資料館 企画展示室
休館日月曜日(休日の場合は翌平日)
観覧料一般200円 大学生150円
※20人以上の団体は2割引
高校生以下 無料
65歳以上 長寿手帳等年齢を確認できるものの提示で観覧料免除
身体障害者手帳、療育手帳又は精神障害者保健福祉手帳所持者は、手帳提示で観覧料免除
主  催徳島文理大学
共  催高松市
お問い合わせ高松市石の民俗資料館 Tel845-8484