企画展「朝倉彫刻欄間展」の御案内

新着情報

企画展「朝倉彫刻欄間展」の御案内

 

 石の民俗資料館では、高松市にある明治元年創業「朝倉彫刻店」の職人による展覧会を開催します。
 現在、香川県の伝統的工芸品に指定されている「欄間彫刻」は、通風や採光のために欄間に彫刻を施したものであり、木目を活かしたこまやかな細工は卓越した技術で見るものを魅了します。現在6代目(欄間彫刻店としては3代目)を担う準一氏は、欄間彫刻はもとより木箸や木軸ボールペンなどの小物も製作し、県内外に活動の場を広げています。
 本展では欄間彫刻を中心に、その他彫刻額や仏像など約30点の木彫を展示し、代々受け継がれてきた伝統ある技術を紹介いたします。
 ぜひ、この機会に御覧ください。
期  間平成30年4月28日(土)~6月10日(日) kikaku
時  間午前9時~午後5時まで(展示室への入室は午後4時30分まで)
場  所高松市石の民俗資料館 企画展示室
休館日月曜日(休日の場合は翌平日)
観覧料一般200円 大学生150円
※20人以上の団体は2割引
高校生以下 無料
65歳以上 長寿手帳等年齢を確認できるものの提示で観覧料免除
身体障害者手帳、療育手帳又は精神障害者保健福祉手帳所持者は、手帳提示で観覧料免除
主  催高松市石の民俗資料館
協  力高松市石の民俗資料館友の会
お問い合わせ高松市石の民俗資料館 Tel845-8484